【フィリピン・POLO申請】OECを取得しないと出国できません

OEC / 海外雇用許可証

略称
・OEC(オーイーシー)
正式名称
・Overseas Employment Certificate
概要
・海外雇用許可証

  • 就労を目的としてフィリピンを出国する場合、OECを取得していなければ、フィリピンを出国することはできません
  • OECを取得しないまま、「就労が許可されていない在留資格(留学など)」から「就労が許可されている在留資格(高度人材や特定技能など)」に在留資格変更した場合は多くの問題が発生します。OECの取得申請を行わずに、出入国在留管理庁への在留資格変更申請のみを行って就労した場合、日本の法律には抵触をしていません。しかしながら、フィリピンの制度には抵触をしています。そのため、日本での就労が許可されている在留資格を正規に取得していたとしても、OECを取得していないフィリピン人が、みなし再入国許可申請の手続きを経て帰国した場合、OECを所持していないことを理由に、フィリピンから日本へ戻ってくることが出来なくなります。フィリピン人を雇用するためには、OECを取得申請は必須の手続きと言えます。

留意事項
・OECの有効期限は60日間。フィリピン出国後に有効期限が切れた場合は、日本からフィリピンへ一時帰国する前に、就労者本人が出国先の国からBalik-Manggagawa Online Processing SystemWEB)からOEC免除申請を行います。この手続きを行うことで、フィリピンに一時帰国した後、再度日本に戻ってくる時にOECの提示を免除されます。ただし、OEC免除申請は、帰国前後の雇用主および職務内容が同一の場合に限られます。

関連する業界情報

PAGE TOP