【フィリピン・POLO申請】OECの免除申請

POLO・POEAへの手続きを行った後、OEC(海外雇用許可証)を申請し、日本での就労を開始します。ここでの留意事項としては、OECの有効期限が60日間に設定されていることです。日本で就労を開始して1年経過した後、(何も手続きをせずに)みなし再入国許可を受けてフィリピンに帰国してしまうと、OECの有効期限切れを理由にフィリピンを出国することが出来なくなります。このような事態を回避するためには、日本を出国する前にOECの免除申請が必要になります。具体的には、POEAが運営するBM Online(Balik-Manggagawa Online Processing System)から就労者本人が手続きを行います。“BM”はタガログ語の”Balik-Manggagawa(バリクマンガガワ)“の略であり、「復帰労働者(Returning Worker)」を意味しています。
なお、OECの免除申請は、申請者(就労者)が「同一雇用主かつ同一就労場所に戻る場合」と「同一雇用主の新たな就労場所に戻る場合」にのみ適用され、それ以外の場合は、新たにOECの取得申請が必要になります。

OEC免除申請の流れについては、Propo99の「POLO申請支援 – フィリピン人材の採用」ページをご確認ください。

関連する業界情報

PAGE TOP